2021年09月14日 14:08
カテゴリ:スピリチュアル

百人一首の和歌より



“月見れば ちぢにものこそ悲しけれ
わが身一つの 秋にはあらねど”

(百人一首より)


(訳)月を見上げると色々な思いがあふれて
   悲しくなるよ・・・
   私一人のための秋ではないというのにね


自分が感じる秋の物悲しさ、なんとも言えない
切なさを想わせる歌ですね・・・



9月のお月様は1年の中で澄み切って
特に美しいと言われています。




来週9月21日は中秋の名月🌕です。


満月はとても明るく見応えがあります。


晴れていれば、今年も美しい中秋の名月を楽しむことが出来るでしょうね・・・




(Iより)

前のページ
シリーズお弁当その一
一覧へ
次のページ
記事はありません
記事一覧を見る

powered by crayon(クレヨン)